ブラックバイト審判 解決金200万円で和解

仙台地裁の労働審判

 一昨年8月から昨年2月まで計7カ月間無給で働かされたとして、仙台市青葉区のバーでアルバイトをしていた20代の男子大学生が未払い賃金など約210万円の支払いを男性経営者に求めた仙台地裁の労働審判で、経営者が解決金200万円を学生に支払うことで和解が成立した。和解は15日付。学生の代理人弁護士が18日、明らかにした。

【毎日新聞】
http://mainichi.jp/articles/20160119/k00/00m/040/102000c

get_footer(); ?>