リーダーのための行動分析学入門 島宗理 2016/4/15

今月のおすすめはこちら
『 リーダーのための行動分析学入門 』

「部下はほめて育てる」と言うような表現を聞いたことがありますか?しかしながら褒めてもなかなか成果が上がらない。そういう事もよく聞きます。
それでは、どうして褒めると部下の能力が上がると言われているのでしょうか?行動分析学では、『強化』と言う言葉を使います。例えば、次のような感じです。

子供が騒ぐ ⇒ 抱きしめて安心させる 
(これは騒ぐと抱きしめてもらえるので、騒ぐが強化される)

なので、次のように行動を変えると

 子供が騒ぐ ⇒ 母から引き離して抱きしめてもらえない 
(騒ぐと引き離されるので、騒ぐが弱化される)

analysis

と分かり易く書いたつもりですが、少し難しいかもしれません。
この本では、こういった事例が会社内での行動でどのような対応をすればいいのかがたくさん書かれております。
私がとても参考になったのは P.52 成果のコミュニケーションです。
部下に成果を期待するなら次のポイントを外してはいけないようです。

icon_number02_blue14_01 何を 
icon_number02_blue14_02 どれだけ 
icon_number02_blue14_03 どのように 
icon_number02_blue14_04 いつまでに

自発的社員を育成することができる できるリーダー 育成に一役買ってくれる本ではないでしょうか?

管理職のための必読書はこちら