2017年 法改正情報まとめ 労働保険徴収法

労働保険徴収法において 2017年に実施された法改正についてまとめました。

update

No 改正点 内容
1 雇用保険率の改正 雇用保険率を、3年間(平成29年度~31年度)、時限的に引き下げることとされた。
その法定の率に弾力的変更の規定(二事業に係る率に適用されるものを含む。)が適用され、前年度比較すると、各区分で1,000分の2の引き下げとなった(一般の事業については、1,000分の11→1,000分の9)。
2 特例による延滞金の割合 「14.6%」、「年7.3%」という延滞金の割合を、特例基準割合に応じて軽減する特例について、平成29年中の割合は、14.6%=「9.0%」、年7.3%=「2.7%」とされた。
3