就業規則をみえるように置いておくとはどういうことですか?

就業規則等を作った場合、それを従業員に周知させる必要があります。

良くある事例で、社長の後ろのキャビネットの後ろにある(笑)と言ったこと。
ひどい場合は、大切にしすぎて鍵をかけているとか・・・

goodmanner
これでは、就業規則そのものの有効性を問われかねません。

労働基準法第106条に次のようにあります。

使用者は、この法律及びこれに基づく命令の要旨、就業規則、・・・協定並びに・・・を、常時各作業場の見やすい場所へ掲示し、又は備え付けること、書面を交付することその他の厚生労働省令で定める方法によって、労働者に周知させなければならない。

ちょっと難しいのでもう少し簡単に労働局の言葉を借りて表現しますと

周知方法として次の方法をとりましょう
 (1)常時各作業場の見やすい場所に掲示する、または備え付ける。
 (2)書面で労働者に交付する。
 (3)電子的データとして記録し、かつ、各作業場に労働者がその記録の内容を常時確認できるパソコン
などの機器を設置する。

ということになります。

なので、必ずしも印刷しておいておく必要はありません。
共有のパソコンでいつでも見れるようにしてもかまいません。

工場などの場合は、会社の休憩所などにひもで釣るしておくのはいかがですか?

就業規則の目的は、作ることではありません。
周知させることでもありません。
会社を守ることでもありません。
(確かにその役割もありますが…)

就業規則の目的は、ルールを周知し、秩序ある企業風土を作ることです。
そのためには、つるすことが近道とは思えません。
社長の口から、就業規則にあるルールの意味を直接、又は間接的に伝えていくことが大切と思います。