シュレッダー業務3年専従後に解雇、元社員提訴

 日本ハムの子会社の男性元社員(54)が、3年間終日シュレッダー業務をさせられた後、不当解雇されたとして、同社に社員の地位確認などを求め、大阪地裁に提訴した。

 25日の第1回口頭弁論で、同社は請求棄却を求めた。

 訴状によると、元社員は1997年、「日本ハム近畿直販」(現・日本ハム西販売、大阪市)に総合職で入社。営業などをしていたが、遅刻や居眠りで指導され、2014年10月、シュレッダー業務への専従を命じられた。元社員は午前8時半~午後5時半、機密書類を細断する仕事を続けたが、17年11月、「勤務不良」を理由に解雇された。

 元社員はシュレッダー業務について「総合職の仕事を長年続けた社員に対し、通常では考えられない人事措置で、退職させる目的のもの」と主張し、慰謝料など220万円も求めている。

 同社は「元社員は勤務態度に多くの問題点があった」と反論。取材に「元社員との認識にずれがあり、法廷で主張する」としている。

引用元: 5/25(金) 15:10配信 読売新聞

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180525-00050090-yom-soci

regret

よく似た事件で思い出すのが、
『アリさんマークの引越社』

男性従業員が、事故を起こして損害賠償を求められた後、労働組合に加入。

その後、会社はその男性従業員を営業職からアポイント部へ配置転換、給料が約半分に。
そして、数回の遅刻を理由にシュレッダー部へ配置転換
朝から晩までたちっぱなしでシュレッダーを続ける業務へ。

シュレッダー業務は目立つオレンジのベストを着用させ、目立つようにし、それでも男性従業員は約2年勤務を続ける。

最終的にこの男性が裁判を起こすと会社はこの男性を懲戒解雇!

社内には、名前や顔写真入りで 『罪状』 と書いた張り紙を色々な箇所に貼るという悪行。

最終的には、和解。解雇は無効。

で、さらに驚くのがこの男性は辞めずに営業復帰!!

そういえばあったなぁと思って調べて簡単にまとめましたが、アリさんやりすぎ・・・

今回の事件が似ているのか否かは現段階では分かりませんが、
注目しております。