東京オリンピックに合わせ、3祝日を移動 特別措置法が成立

 2020(平成32)年に限り、海の日や山の日を東京五輪の開・閉会式の前後に移すことなどを定めた改正オリンピック・パラリンピック特別措置法(※)が、2018(平成30)年6月13日の参議院本会議で、与野党の賛成多数で可決・成立しました。
(※)正式名称は、「平成三十二年東京オリンピック競技大会・東京パラリンピック競技大会特別措置法及び平成三十一年ラグビーワールドカップ大会特別措置法の一部を改正する法律」といいます。
flags
 この改正は、オリンピックの開会式・閉会式前後などは要人や選手団の移動が増え、交通規制が必要となることから、祝日にすることで、通勤、通学者数を抑制し、警備しやすい環境を整備しようとするものです。

 具体的には、次の祝日を移動させることが決まりました。

・7月第3月曜日の海の日⇒開会式の前日の7月23日(木)に移動
・10月第2月曜日の体育の日⇒開会式の7月24日(金)に移動
・8月11日の山の日⇒閉会式の翌日の8月10日(月)に移動
注.あくまでも特例で、2021年以降は通常の祝日に戻ります。

 あと2年に迫った東京オリンピック・パラリンピック。
 どんな盛り上がりをみせるのでしょうか?

 業種によって対応は異なるでしょうが、大会期間中の業務の在り方を、そろそろ考えておいてもよいかもしれませんね。
 なお、同日に、「体育の日」を、2020年以降、「スポーツの日」に改称する「国民の祝日に関する法律の一部を改正する法律」も成立しました。

〔参考〕提出時法案

<平成三十二年東京オリンピック競技大会・東京パラリンピック競技大会特別措置法及び平成三十一年ラグビーワールドカップ大会特別措置法の一部を改正する法律案>

<国民の祝日に関する法律の一部を改正する法律案>