大手企業の夏のボーナス 好業績で過去最高(経団連の調査)

 日本経済団体連合会(経団連)から、「2018年夏季賞与・一時金 大手企業業種別妥結状況(第1回集計)」が公表されました(平成30年6月14日公表)。

 東証1部上場企業を中心に、会員96社の回答を集計したものですが、これによると、平成30(2018)年夏の賞与・一時金の平均妥結額は、昨夏比6.71%増の「96万7,386円」で、昭和34(1959)年の調査開始以来、過去最高となっています。

 企業収益の好調さやボーナスを業績に連動させる傾向が強まったことが影響したようです。
 この結果を踏まえると、大手企業の月例賃金と合わせた年収ベースでは、政府が求める「賃上げ率3%」を達成する可能性があるとのことです。
 
 集計結果については、こちらをご覧ください。
2018年夏季賞与・一時金 大手企業業種別妥結状況(第1回集計)
taxandmoney