新入社員意識調査 「人並みで十分」が過去最高を更新

 公益財団法人日本生産性本部から、「平成30年度 新入社員「働くことの意識」調査結果」が公表されました(平成30年6月21日公表)。

 この調査は、今春入社した社員1,644人を対象に無記名で実施。
 「人並み以上に働きたいか」という質問では、「人並みで十分」が増え続け、過去最高の61.6%となっています。
 また、「若いうちは進んで苦労すべきか」という質問では、「好んで苦労することはない」が増え続け、過去最高の34.1%となっています。
 
 一方、どこまで昇進したいかという質問については、「社長」という回答が10.3%で過去最低となっています。
 働き過ぎによる過労死などが社会問題になっているなか、仕事は「ほどほど」でいいと考える人が増えているようです。

flags

毎年行われるこのような調査で
毎年同じような結果が出るわけですから
この意見が いいとか悪いとかは置いておいて
人を採用することを考えれば、
いつまでも体育会系の考え方では人は集まりにくくなってくると思います。

会社の規模によっても異なりますが、
ある程度人的資源が必要な会社であれば、会社の労働環境の改善は避けることができないと思われます。

しかしながら、
少数精鋭で運営を行う会社様であれば、
敢えて、労働環境をこういった人たちに合わす必要はなく、
少ない採用で、全員が活躍できるような態勢を整えることも可能かと思います。

 

平成30年度 新入社員「働くことの意識」調査結果(日本生産性本部)