ベルトコンベヤーを停止させず巻き込まれ労災 製造業者を送検 佐賀労基署

ベルトコンベヤーを停止させず巻き込まれ労災 製造業者を送検 佐賀労基署
2018.07.18 【送検記事】

 佐賀労働基準監督署は、機械を停止させずに労働者に土の除去作業を行わせたとして、製造業の一産業(=はじめさんぎょう、佐賀県佐賀市)と同社代表取締役を労働安全衛生法第20条(事業者の講ずべき措置等)違反の容疑で佐賀地検に書類送検した。平成30年3月、同社労働者が死亡する労働災害が発生している。

 被災した労働者はベルトコンベヤーに付着した土をスコップで除去する作業に従事していた際、ローラーに身体を巻き込まれている。除去作業は1カ月に1~2回行っているものだったが、「日常的に機会を運転したまま行わせていた」(同労基署)という。

ambulance
作業効率なのか?
危機管理不足なのか?
単なる人的不注意なのか?

いずれにしても命にかかわる仕事であることの認識が不足していたということになります。

よく、現場作業員がヘルメットを付けなくて困っている
と言ったご相談を受けますが、
これは口を酸っぱくして繰り返し伝えるしか方法がありません。

どうしても言うことを聞かない社員については、最悪現場への立ち入りを禁止する
と言った経営者の決断も必要です。

経営者の本気度を見せなければ、現場の慣習はなかなか変わりません。

法律を守るためではなく、
従業員の安全を確保することこそが大事だと思います。