売り上げの良いタクシードライバーの行動特性(コンピテンシー)

コンピテンシーとは、仕事ができる人の具体的な行動を言います。

同じ仕事をしているのに、業績が良い人とそうでない人がいます。

仕事ができる人がやっている行動 = コンピテンシー を

仕事がまだできない人が真似をしたらどうなるでしょうか?

 

今日は、先日紹介されていたタクシードライバーのコンピテンシーをご紹介します。

業績の良いタクシードライバーは夕方から夜にかけては飲み屋街の細い道に入り、

エレベーターのライトを注意して観察します。

 

さてなぜだかわかりますか?

 

そうです。

夕方からはエレベーターのライトが付くときは、お客様がママさんと降りてくるのです。

降りてきたお客様はタクシーを利用する可能性が高いそうです。

 

業績が良いドライバーは、こういった何気ないコツをたくさん持っています。

それに対して、業績の振るわないドライバーは持っていません。

 

これを共有し、全員で真似をしたらその会社はきっと業績が上がるでしょう。

 

業績につながる研修 コンピテンシー研修では、その会社様独自のコンピテンシーを作り、

社員全員で作り上げていきます。

get_footer(); ?>