特定求職者雇用開発助成金(特定就職困難者雇用開発助成金)

内容

就職が特に困難な方(障害者、60~64歳の方、母子家庭の母、父子家庭の父等)を継続して雇用した場合に支給されます。短時間勤務(週所定労働時間が20時間以上)の方にも使えます。

受給可能額

1.短時間労働者以外の場合

ab以外の対象労働者を雇った場合 a.重度障害者を除く身体・知的障害者を雇った場合 b.重度障害者等を雇った場合
60万円(50万円) 120万円(50万円) 240万円(100万円)

2.短時間労働者(週所定労働時間20時間以上30時間未満)の場合

a以外の対象労働者を雇った場合 a.重度障害者を含む身体・知的障害者を雇った場合
40万円(30万円 80万円(30万円)

※()内は大企業の金額です

※上記支給額を1~3年間の助成対象期間に6ヶ月ごとに分割して支給されます。

対象となる求職者

1.重度障害者等以外の者
 60歳以上の者
 身体障害者、知的障害者
 母子家庭の母等、父子家庭の父(児童扶養手当を受けている者に限る)など

2.重度障害者等
 重度身体障害者・重度知的障害者
 身体障害者・知的障害者のうち45歳以上の者
 精神障害者

受給ポイント

要件は注意してください
・ハローワーク・紹介事業者等の紹介により雇い入れること
・雇用保険一般被保険者として雇い入れ、継続して雇用することが確実であると認められること

継続してということがポイントです

支給申請期限を誤りがちです。
期間が短く回数も多いことから忘れてしまうことが多いです。途中退社でも在職期間については申請可能です。また退職された場合でも支給申請する期限は変わりありませんので、注意が必要です。サインをお忘れなく

get_footer(); ?>