特定求職者雇用開発助成金(高年齢者雇用開発特別奨励金)

内容

65歳以上の離職者を、ハローワークまたは民間の職業紹介事業者等の紹介により、1年以上継続して雇用することが確実な労働者として雇用した場合に支給されます。短時間勤務(週所定労働時間が20時間以上)の方にも使えます。
※60〜64歳の離職者の場合は、「特定就職困難者雇用開発助成金」が利用できます。

受給可能額

短時間労働者以外 短時間労働者
60万円(50万円) 40万円(30万円)

※ 上記支給額を6ヶ月ごとに分割して支給されます。
※ 短時間労働者とは、週の所定労働時間が20時間以上30時間未満の人を指します

対象となる求職者

(1) 雇入れ日において満65歳以上の者であること

(2) 紹介日および雇入れ日現在、次のいずれにも該当しないこと

  - 高年齢者継続被保険者
  - 短期雇用特例被保険者
  - 別の事業主との間で、1週間の所定労働時間が20時間以上の雇用関係にある労働者

(3) 雇用保険の被保険者資格を喪失した離職日から過去1年間に、被保険者であった期間が6か月以上あった者

(4) 雇用保険の被保険者資格を喪失した離職日の翌日から3年後の日までに雇い入れられた者

受給ポイント

get_footer(); ?>