「過労で心疾患」元店長がジョイフルを提訴

 全国でファミリーレストランを展開する「ジョイフル」(大分市)で店長として勤務していた大阪市内の男性(38)が11月11日、心疾患を発症したのは長時間の過重労働が原因だとして、同社に約8100万円の損害賠償を求めて大阪地裁に提訴しました。

 訴状によると、男性は平成19年4月、大阪府内の24時間営業の店舗で店長になりました。25年7月、会議後に心室細動で一時心肺停止となり、現在も体内に除細動器を埋め込んでいます。発症前の3か月前は休みなく出勤、時間外労働は月平均120時間以上に及んでいたと推計されます。

 男性は、昨年4月に復職、同10月に労災認定され、その後退職しました。

労災認定を受けたケースは、民事でも会社はかなり不利な状況になります。このケースでも同様と思われます。

get_footer(); ?>