本当の不正対策

ある事業所での実話

工場で起きた従業員による故意の農薬混入事件

この対策として行われたのが、監視カメラの増設

さて、このことについて違和感を感じますか?
感じませんか?

私は感じます。

それは、
『どうして混入事件が起きたのか?』
については、対策をとっていないからです。

確かに監視カメラをたくさんつければ
故意の混入をすることは難しくなるかもしれません。

しかし、これでは根本的な解決にはなっていません。

どうして、従業員が故意に農薬を混入しようなんて考えたのでしょうね?
入れようとした従業員がおかしい?
確かにそうですが、それだけで片付けてはいけません。

もっと深く見つめるとことで、監視カメラに頼らない対策が取れるのではないでしょうか?

get_footer(); ?>