社員の定着率が悪いとお困りの方job turnover

  • 社員の定着率が悪く、お客様から同じようなクレームが起こってしまう
  • 中堅又は新人の社員がおらず、ノウハウの継承ができていない
  • 特に若手がすぐに辞めてしまう。これもゆとり教育の影響なのか?

定着率と業績は比例します。
その証拠に、業績の悪い会社からは「ろくな社員が入社してこない」とご相談を受けます。が、逆はありません。
定着率を向上させることが業績改善の近道 そうおっしゃる経営者の方がたくさんいらっしゃいます。

定着率は一朝一夕にはよくなりません。しかし、真摯に取り組めば必ず業績に反映してきます

定着率が悪い会社の特徴

  • 社員間のコミュニケーションが悪い。風通しがよくない。
  • 上司がとても仕事ができて、他人の意見を聞かない
  • キャリアアップが望めない。同じような仕事で変化がない
  • 忙しすぎてスキルアップする時間がほとんど取れない
  • 募集の時と労働の条件が異なる。
  • 給与規定が適当に運用されている。評価が適正でない と感じる
  • 社員の世代間に開きがある。3年から5年で辞めるのが相場になっている

上記項目にどれも当てはまらないけど、うちの会社は定着率はよくない
そんな方がもしもいらっしゃったら、会社の問題に目が向いていない可能性があります。

定着率が良い会社の特徴

逆に定着率がいい会社にも特徴があります。

  • コミュニケーションをとる機会が確保されている。
  • 相談しやすい環境がある。
  • 残業が少なく、自分の時間が取れる。キャリアアップが望める。目標となる先輩がいる。

定着率が悪い会社と良い会社の特徴は対極に存在します。

業績を上げるために定着率を上げる

業績をよくしたいのなら働きやすい会社に育てましょう。