長時間労働のリスクの対処方法にお悩みの方Long hour

  • 残業が月に60時間以上あり長時間労働が常態化しているが諦めている
  • 残業に未払いがあり、未払い残業代対策に手を付けたい
  • 長時間労働にどんなリスクがあるのかよくわかっていない

労働基準法という法律で定める労働時間なんて意味はない。」
「あんな法律守っていたら利益なんて残らない」
もしかするとその通りかもしれません。しかし、法は法です。法律の中身をきちんと理解すれば合法的に残業時間を減らし残業代を削減することも可能です

また、取り組み方を変更することで作業能率を上げ、生産量、作業量を減らさず労働時間を削減することも可能です。

長時間労働が引き起こすデメリット

労働時間短縮のメリット

労働時間を減らす法的対応