お問い合わせ

お知らせ お知らせ

BLOG & NEWS

2024.03.01
【判例】 有期雇用契約中に適性検査を行い、適性が認められないとして、契約更新を終了することは適法といえるか?

東京地方裁判所令和5年2月8日判決

事案の概要

 原告(元従業員)は被告(明治安田生命保険相互会社)とアドバイザー見習候補者として労働契約を締結した。当該労働契約は最初の1か月をアドバイザー見習1期、その後の1か月を見習2期として1か月更新2回まで(1期2期合計で3か月)、とし、適性が認められないとした場合には契約を更新しないとしたものである。アドバイザーとしての採用条件(成績基準)は明確に定められている。なおアドバイザーとして採用された後は無期雇用契約とされている。

 本件では適性がないと会社が判断し契約の更新を拒絶したが、原告は無期雇用契約であると主張し、仮に無期雇用契約でないとしても採用に対する合理的な期待があり更新拒絶が不当であると主張した。

判旨

 「労働者の適性を把握するために有期労働契約を締結すること自体は許容されているところ、本件見習契約の期間においては、労働者の適性を評価することが予定されているとしても、さらには実態としてはほとんどの者がアドバイザーBに採用されるとしても、本件見習契約が当然に終了する旨の明確な合意が成立しているというべきであって、最高裁平成元年(イ)第854号同2年6月五日第三小法廷判決・民集第44巻4号668頁の射程は及ばないと解すべきである。」

 更新拒絶についても採用される合理的な期待はないとした。

解説

 本件では、アドバイザーとしての適性を判断するための期間が採用直後に設定されている雇用契約において、有期雇用契約としての合意があったと認められた事案です。
 採用に関しては試用期間を解約権留保付労働契約とする解釈が定着していますが、労働者の適性を見る期間を試用期間とみるか、それと異なる明確な目的(能力判定期間であり、採用試験の継続中とみるか)があるとするかが問題となりえます。
 ① 試用期間と解釈された場合は、無期労働契約が成立していることを前提として、解約権が会社に留保されていることとなり、解約権の行使が適切であるかが問題とされますが、 ② 有期労働契約と解釈される場合は期間満了により契約が終了することとなります。

 本件では、適性判定期間を試用期間とは異なるものとし、契約期間満了による契約終了を認めました。ただ、本件では保険のアドバイザーとしての採用のために、最初の1か月の、その後の2か月の成績の基準が明確となっていたことも判断に影響があったのではないかとおもわれます。営業成績による判断であり、契約者数など客観的な指数があったこと、その判断基準に合理性があったことが判断の要素とされていると考えられます。

概要

 保険会社において、新規採用者の適性の有無を判断したいとして1か月の有期契約を更新、上限を設定していた事例で、有期雇用契約が成立していたと判断されたもの。


【判例】 経営戦略室の課長でも管理監督者とはされず、残業代の支払いは必要か? 公開予定

【判例】 定年再雇用者の給与を引き下げることは、同一労働同一賃金に違反するのか? 公開予定

【判例】 正社員と期間の定めのある臨時職員との賞与の有無の差は不合理と言えるのか?  公開予定

【判例】 労働実態がほとんどない深夜帯の勤務について通常と異なる計算方法はできるのか 公開予定 

【判例】 育休明けの復職後の配置が給料が変わりないからとって自由に配置を行ってもいいのか? 公開予定

【判例】 明確なパワハラ行為が会社であったことを放置し労災認定されたとき、それを安全配慮義務違反として会社に対しても損害賠償が認められるのか?
【判例】 有期雇用契約中に適性検査を行い、適性が認められないとして、契約更新を終了することは適用といえるか?
【判例】 労働契約法20条問題 平成29年3月23日
【判例】 ドリームエクスチェンジ事件 平成28年12月28日
【判例】 SGSジャパン事件 平成29年1月26日
【判例】 F堂事件
【判例】 有期雇用を相当程度繰り返してきた契約社員を、後から定めた更新上限を理由に雇止めとすることはできるのか?
【判例】 日本郵便(休職)事件 2018.6.20
【判例】 類似の働き方の正社員と嘱託社員の間で、労働条件の差を設けることはできるのか?同一労働同一賃金の違反にならないのか?
【判例 X学園事件 平成28年11月30日判決
【判例】 有期雇用の従業員を試用期間中のコミュニケーション不良で、試用期間満了後の解雇は有効となるか?
【判例】 高知県公立大学法人事件 2018.8.16
【判例】 スマホでできる勤怠管理システムを導入しているが、直行直帰の従業員を事業場外の見なし労働時間制を使うことは可能か?
【判例】 70時間を含む固定残業手当の制度は、有効なのか?固定残業制度の可否は?
【判例】 K運輸商事事件 2018.7.18 交通費の支給上限の可否
【判例】 定年後再雇用の方の給与について、年齢給部分をカットし給与が下がることは労働契約法20条の違反となるか?
【判例】 トラック運転手の残業代の計算方法の適法性が問われた事案。
【判例】 有給休暇の単価計算で、通常勤務した場合に支給される手当は有給単価に含まれるのか?
【判例】 定年退職後に嘱託社員となったが、給与について正社員と比べて低くするのは、労働契約法20条の違反となるのか?
【判例】 在職中に同僚に自分の新会社への転職を行うような引き抜き行為について損害賠償請求ができるのか?
【判例】 調整給として支給している固定残業代は、認められるのか?
【判例】 関西ケーズデンキ事件 2018.10.15

pagetop