お問い合わせ

お知らせ お知らせ

BLOG & NEWS

2024.02.01
【判例】 ドリームエクスチェンジ事件 平成28年12月28日

事案の概要

原告は被告会社を懲戒解雇され、労働審判を申し立てた。労働審判で懲戒解雇が認められたため、異議を述べ訴訟に移行した。
被告会社では、業務中に従業員間の連絡にチャットを使っていた。原告が従業員Cを諭して被告の営業秘密である顧客情報を持ち出させた可能性があることが判明したため、被告がチャットを調査した。
原告は私用チャットを頻繁に行っており、また、その内容に被告会社が倒産する、どの女性従業員が何をしていた等、会社の信用を傷つけるものやセクハラパワハラに当たるものが含まれていた
 

判旨

チャットの時間について「概算で1日当たり300回以上、時間にして2時間程度、チャットをしていた計算」となり、業務形態であり、顧客情報の漏えいについては、Cがすでに情報を持ち出していることを知らずに「顧客情報を持ち出すべきであるとの意見を述べ」、経理課長である原告は会社が確実につぶれるとチャットで発言し、部下を無能である、女性従業員に対する性的な評価をした発言を行った、と各事実を認定し、「本件チャットの態様、悪質性の程度、本件チャットにより侵害された企業秩序に対する影響に加え、被告から、本件チャットについて、弁明の機会を与えられた際、原告は本件チャットのやり取り自体をすべて否定していたことからすれば、被告において、原告は本件懲戒事由を真摯に反省しておらず、原告に対する注意指導を通してその業務態度を改善させていくことが困難であると判断したこともやむを得ない」として懲戒解雇を有効とした。

解説

本件は業務で利用するPCでも私用チャットが問題となった事例です。本件の会社は業務をチャットで行っていたことから、チャットを使うことそのものは問題のない会社であったが、私用チャットが1回1分としても2時間に及ぶこと、その他チャットの内容が問題であったことから、懲戒解雇処分をしました。裁判所は会社が本人に弁明の機会を与えたことを考慮して、解雇以外の処分を選択しなくてもよい判断しました。
判旨の紹介にあるように、本件ではチャットの内容にも問題があることから、懲戒解雇が相当であるとされたものです。
本件のような問題は全ての会社で起こる可能性があります。チャットの内容に問題があると判断できる場合は、早期に発見して指導すべきです。基本的には反省の機会を与えることが会社には求められます。
ただ、本件のようにはなはだしいケースでは、反省の機会を与えることは必要でしょうが、内容とのバランスなどで解雇の相当性が肯定されることがあります。
 


【判例】 定年再雇用者の給与を引き下げることは、同一労働同一賃金に違反するのか? 公開予定

【判例】 正社員と期間の定めのある臨時職員との賞与の有無の差は不合理と言えるのか?  公開予定

【判例】 労働実態がほとんどない深夜帯の勤務について通常と異なる計算方法はできるのか 公開予定 

【判例】 育休明けの復職後の配置が給料が変わりないからとって自由に配置を行ってもいいのか? 公開予定

【判例】 明確なパワハラ行為が会社であったことを放置し労災認定されたとき、それを安全配慮義務違反として会社に対しても損害賠償が認められるのか? 公開予定

【判例】 有期雇用契約中に適性検査を行い、適性が認められないとして、契約更新を終了することは適用といえるか? 公開予定

【判例】 労働契約法20条問題 平成29年3月23日 公開予定

【判例】 ドリームエクスチェンジ事件 平成28年12月28日
【判例】 SGSジャパン事件 平成29年1月26日
【判例】 F堂事件
【判例】 有期雇用を相当程度繰り返してきた契約社員を、後から定めた更新上限を理由に雇止めとすることはできるのか?
【判例】 日本郵便(休職)事件 2018.6.20
【判例】 類似の働き方の正社員と嘱託社員の間で、労働条件の差を設けることはできるのか?同一労働同一賃金の違反にならないのか?
【判例 X学園事件 平成28年11月30日判決
【判例】 有期雇用の従業員を試用期間中のコミュニケーション不良で、試用期間満了後の解雇は有効となるか?
【判例】 高知県公立大学法人事件 2018.8.16
【判例】 スマホでできる勤怠管理システムを導入しているが、直行直帰の従業員を事業場外の見なし労働時間制を使うことは可能か?
【判例】 70時間を含む固定残業手当の制度は、有効なのか?固定残業制度の可否は?
【判例】 K運輸商事事件 2018.7.18 交通費の支給上限の可否
【判例】 定年後再雇用の方の給与について、年齢給部分をカットし給与が下がることは労働契約法20条の違反となるか?
【判例】 トラック運転手の残業代の計算方法の適法性が問われた事案。
【判例】 有給休暇の単価計算で、通常勤務した場合に支給される手当は有給単価に含まれるのか?
【判例】 定年退職後に嘱託社員となったが、給与について正社員と比べて低くするのは、労働契約法20条の違反となるのか?
【判例】 在職中に同僚に自分の新会社への転職を行うような引き抜き行為について損害賠償請求ができるのか?
【判例】 調整給として支給している固定残業代は、認められるのか?
【判例】 関西ケーズデンキ事件 2018.10.15

pagetop