お問い合わせ

お知らせ お知らせ

BLOG & NEWS

2024.02.20
【判例】 労働契約法20条問題 平成29年3月23日

事案の概要

駅構内売店を運営する会社の契約社員であった原告が、被告会社の正社員と同じ業務を行っているのに、賃金等の労働条件が異なるのは労働契約法20条に違反し、かつ、公序良俗違反であるとして、平成23年5月分から退職までの差額賃金相当額等を請求した事件である。

判旨

「労働契約法20条は、有期契約労働者と無期契約労働者との間の労働条件の相違が不合理なものであることを禁止する趣旨の規定であると解されるところ、同条の『期間の定めがあることにより』という文言は、有期契約労働者の労働条件が無期契約労働者の労働条件と相違するというだけで、当然に同条の規定が適用されることにはならず、当該有期契約労働者と無期契約労働者の間の労働条件の相違が、期間の定めの有無に関連して生じたものであることを要するという趣旨であると解するのが相当である」とした。そして、労働条件の相違を具体的に検討し、時間外労働手当以外の本給、賞与等について違反はないとした

解説

契約社員と正社員の労働条件が異なる会社は相当数あるとおもいます。むしろ全く同じ労働条件の会社のほうが珍しいでしょう。ここで、労働契約法20条の適用が問題となります。
条文の文言が、「不合理」であってはならないとなっていて、差が合理的であることという規定ではありません。文言解釈からすると、差異が不合理であることを労働者側が主張立証していき、会社側はそれに対して不合理ではないことを主張していくことになります。本裁判例も不合理であることを労働者が主張立証する必要があるとしています。
そして、不合理であるか否かを判断するに際して、業務内容を検討していきました。正社員の場合は業務内容が異なっていることを認定しています。売店業務で契約社員は販売員のみを担当していましたが、正社員は複数の店舗を管理するなどいろいろな他の業務があるなどを認定しています。
ここからこういった事案での対応は正社員の職務の範囲が契約社員と異なることなどを明確にしておくことが有益だということがわかります。
労働条件の違いが単に賃金が違うというのではなく、他の業務の違いを明確にしておくなどの工夫があると紛争の予防になるといえます。
ただし、本件では、時間外手当の割り増し率が正社員と契約社員で大きく異なっている点において、時間外労働の割り増しは職務内容の違いから生じるものではないとして違法とされています。


記載の内容は、執筆当時の法律に基づきます。また、わかりやすく記載するため、例外についてあえて記載していないことがあります。また、一定の状況下・一定の条件のことを指していることがあり、すべての状況で同様のことが言えるわけではありませんので、ご了承ください。


【判例】 経営戦略室の課長でも管理監督者とはされず、残業代の支払いは必要か? 公開予定

【判例】 定年再雇用者の給与を引き下げることは、同一労働同一賃金に違反するのか? 公開予定

【判例】 正社員と期間の定めのある臨時職員との賞与の有無の差は不合理と言えるのか?  公開予定

【判例】 労働実態がほとんどない深夜帯の勤務について通常と異なる計算方法はできるのか 公開予定 

【判例】 育休明けの復職後の配置が給料が変わりないからとって自由に配置を行ってもいいのか? 公開予定

【判例】 明確なパワハラ行為が会社であったことを放置し労災認定されたとき、それを安全配慮義務違反として会社に対しても損害賠償が認められるのか?
【判例】 有期雇用契約中に適性検査を行い、適性が認められないとして、契約更新を終了することは適用といえるか?
【判例】 労働契約法20条問題 平成29年3月23日
【判例】 ドリームエクスチェンジ事件 平成28年12月28日
【判例】 SGSジャパン事件 平成29年1月26日
【判例】 F堂事件
【判例】 有期雇用を相当程度繰り返してきた契約社員を、後から定めた更新上限を理由に雇止めとすることはできるのか?
【判例】 日本郵便(休職)事件 2018.6.20
【判例】 類似の働き方の正社員と嘱託社員の間で、労働条件の差を設けることはできるのか?同一労働同一賃金の違反にならないのか?
【判例 X学園事件 平成28年11月30日判決
【判例】 有期雇用の従業員を試用期間中のコミュニケーション不良で、試用期間満了後の解雇は有効となるか?
【判例】 高知県公立大学法人事件 2018.8.16
【判例】 スマホでできる勤怠管理システムを導入しているが、直行直帰の従業員を事業場外の見なし労働時間制を使うことは可能か?
【判例】 70時間を含む固定残業手当の制度は、有効なのか?固定残業制度の可否は?
【判例】 K運輸商事事件 2018.7.18 交通費の支給上限の可否
【判例】 定年後再雇用の方の給与について、年齢給部分をカットし給与が下がることは労働契約法20条の違反となるか?
【判例】 トラック運転手の残業代の計算方法の適法性が問われた事案。
【判例】 有給休暇の単価計算で、通常勤務した場合に支給される手当は有給単価に含まれるのか?
【判例】 定年退職後に嘱託社員となったが、給与について正社員と比べて低くするのは、労働契約法20条の違反となるのか?
【判例】 在職中に同僚に自分の新会社への転職を行うような引き抜き行為について損害賠償請求ができるのか?
【判例】 調整給として支給している固定残業代は、認められるのか?
【判例】 関西ケーズデンキ事件 2018.10.15

pagetop