お問い合わせ

お知らせ お知らせ

BLOG & NEWS

2023.11.25
【判例】 高知県公立大学法人事件 2018.8.16

事案の概要

原告は被告に1年契約で雇用されていた。被告には期間付き従業員については更新は3年間までとする規定があり、原則としてそのとおりに運用されていた。また、更新に当たっては雇用条件などを記載した書面がその都度交付されていた。
また正規雇用を推進するとして期間雇用の従業員が公募に応じて正規雇用になる運用も開始されていた。
本件では原告が3年勤務していたことから更新しない時期となったが、この時点で原告担当業務の公募がなく、正規雇用に応募することもできなかった。そこで原告が被告に対して雇止めが労働契約法19条1号又は 2号に反すること、公募が行われなかったことが同法18条に反するとして提訴した。
 

判旨

「被告は、3年間の雇用期間の上限を遵守し、契約ミスの例と保健師という資格上の例外を認めざるを得なかった事案を除いて、必ず、3年で契約職員を一旦は雇止めにし、その後は、公募、ハローワークを通じた申込み、選考手続きを行って再雇用をしてきたものであり、3年間の上限に達した契約職員に関しては単なる契約の更新とは明らかに異なる手続を踏んでいる」

また、原告の業務が属人的なものではないと指摘し、公募が当該年度に行われなかったことについても「公募はその性質上、年度ごとに必要な人員を補充するために行われるものであるし、ハローワークを通じて広く労働市場から被告への就職を希望する者に門戸を開く手続であって、職員の契約更新とは明らかに性質が異なるから、公募手続を経て再雇用がなされ事実上契約期間が継続した事例が存したとしても、更新の期待を生じさせるとするには飛躍がある」として雇止めを有効とした。
 

解説

本件では雇止めの有効性が争われた事案です。原告は給与計算等を担当していた職員で、専門性もあり代替性もないという主張もしていました。なお、給与計算はアウトソーシングする流れもあり、社内ですべて行うというものでもなくなっており、また、ソフトが使えればある程度の PC スキルがあれば可能な業務でもありました。
本件では、期間雇用契約の職員は3年までという上限が規定されていることが一つのポイントです。
また、それに加えて、更新手続が実際の採用と同じように行われていました(雇用契約の内容を書いた書面が交付されるなど、単純に期間だけが伸びたという受け取り方ができないようになっていた)。実際に一部例外として雇用契約が更新された事例がありますが、3年を超え採用された事例では、公募手続を経て再雇用されていたという事情がありました。
この事例が参考となるのは、期間雇用の従業員に関して再雇用のルールを設ける際に、どのような規定を置くか、のみではなく、どのように運用しておけばよいのか、という点にあります。
面倒であっても更新のたびに採用と同様の手続をしておくことがポイントです。
雇用条件が全く同じであっても書面を交付しておくこと、延長する事案であっても公募を経ておくこと、などが参考となります。
 


【判例】 定年再雇用者の給与を引き下げることは、同一労働同一賃金に違反するのか? 公開予定

【判例】 正社員と期間の定めのある臨時職員との賞与の有無の差は不合理と言えるのか?  公開予定

【判例】 労働実態がほとんどない深夜帯の勤務について通常と異なる計算方法はできるのか 公開予定 

【判例】 育休明けの復職後の配置が給料が変わりないからとって自由に配置を行ってもいいのか? 公開予定

【判例】 明確なパワハラ行為が会社であったことを放置し労災認定されたとき、それを安全配慮義務違反として会社に対しても損害賠償が認められるのか? 公開予定

【判例】 有期雇用契約中に適性検査を行い、適性が認められないとして、契約更新を終了することは適用といえるか? 公開予定

【判例】 労働契約法20条問題 平成29年3月23日 公開予定

【判例】 ドリームエクスチェンジ事件 平成28年12月28日
【判例】 SGSジャパン事件 平成29年1月26日
【判例】 F堂事件
【判例】 有期雇用を相当程度繰り返してきた契約社員を、後から定めた更新上限を理由に雇止めとすることはできるのか?
【判例】 日本郵便(休職)事件 2018.6.20
【判例】 類似の働き方の正社員と嘱託社員の間で、労働条件の差を設けることはできるのか?同一労働同一賃金の違反にならないのか?
【判例 X学園事件 平成28年11月30日判決
【判例】 有期雇用の従業員を試用期間中のコミュニケーション不良で、試用期間満了後の解雇は有効となるか?
【判例】 高知県公立大学法人事件 2018.8.16
【判例】 スマホでできる勤怠管理システムを導入しているが、直行直帰の従業員を事業場外の見なし労働時間制を使うことは可能か?
【判例】 70時間を含む固定残業手当の制度は、有効なのか?固定残業制度の可否は?
【判例】 K運輸商事事件 2018.7.18 交通費の支給上限の可否
【判例】 定年後再雇用の方の給与について、年齢給部分をカットし給与が下がることは労働契約法20条の違反となるか?
【判例】 トラック運転手の残業代の計算方法の適法性が問われた事案。
【判例】 有給休暇の単価計算で、通常勤務した場合に支給される手当は有給単価に含まれるのか?
【判例】 定年退職後に嘱託社員となったが、給与について正社員と比べて低くするのは、労働契約法20条の違反となるのか?
【判例】 在職中に同僚に自分の新会社への転職を行うような引き抜き行為について損害賠償請求ができるのか?
【判例】 調整給として支給している固定残業代は、認められるのか?
【判例】 関西ケーズデンキ事件 2018.10.15

pagetop